読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Satona’s blog

シアトルの近くのカレッジに通っている留学生。日々思うことや、自分の好きな物などシェアできたらなと思います^ ^

あなたにとっての幸せって?

 

こんばんは!

 

帰りのバスの中でスマホをなくしたっぽい人がいて、一度降りた後走ってバスまでまた戻ってきた人がいたんですがそのバスの乗客みんなでさがしてあげていて、こういう風に困っている人には手を差し伸べたり、恥じずに助けてあげられるような人間になりたいと思いました。

 

 

毎週木曜日はお昼にクラスが終わるのでまあゆっくりできてリラックスできます!

昨日スターバックスで勉強してたんですが、ちょうど座っていた後ろの席に韓国人の友達も勉強していて夜は

MOD

 

という自分でかすたまいずできるピザ屋さんで晩御飯を食べてきました。

自分が好きなトッピングだけを注文できるので、お肉がいらないという人はもちろん外すことができるし、いちいち自分でトッピングをするのがめんどくさいってひとは、いくつかメニューがあるのでそこからオーダーすることもできます!

 

帰りは韓国の食品売り場にいってきて、いくつか購入して帰宅。

写真がちょっと今回ないんですが、また行ったときに写真を載せたいと思います!

 

 

 

 

さて!題名にあるんですが、

 幸せって何?

 

 

ていう最近哲学的なことをずっと考えています。。(笑)

 

年を重ねるにつれて、やっぱり世界のいやなところも見えてきたりするんですが、生きる上でそういう部分を知ることも大事だなーと最近考えるようになりました。

 

昔はずっと子供のように純粋無垢で楽しいことだけをしとけばいいや。っておもってた時期がありました。

 

でも子供っぽいと、子供心をもっているは、似ているようで全然違うんだなとかんじるようになりました。

大人になるとそれなりに責任を負うことが増え、大きくなるまで世話を見てくれていた親から離れ、自分自身で解決しなきゃいけない場面にあうことが多くなってきます。

 

子供っぽいというのは、責任感がなく、自己中心的な行動をとるようなこと。たのしいことだけすればいいや。みたいな。

 

子供心を持つというのは、毎日の小さな幸せを発見するのが得意で、かつ子供の頃楽しめていたことをおおきくなっても楽しく考えられることだと思います。

あまりうまく表現することができないんですが、わたしはいくつになっても、その’”子供心”をもった人でありたいなと思います。

 

 

さっき述べたように、大人になってくると、いろんな困難がふってきます。

 

アメリカに留学にきておもったことは、何か困ったときがあったとき、自分の考え、なにかの信念を持って生活するのは大事だということ。

アメリカに来る前、宗教という文字を見るといつも、

何か怖いなー、、

って思っていました。

 

けれど今思うのは、何か人生でつまずいたとき、何かを信じることによってどこかに頼れる場所があるのはその人の人生においてめちゃくちゃ助かるんだろうなあってことです。

 

実際アメリカに来て、やっぱり生まれ育った土地と全然違うから、つらい時もありました。そのときにわたしがしていたのが、偉人の名言や、何か成し遂げた人の言葉を見ることです。

これってなにか宗教を信じることと似ているなって思うんです。

 

毎日の自分が行っていることは、自分の考えに基づいてしていることです。

だから周りの環境って人生を大きく左右するものだとおもうし、そこでやっと本を読むことの大切さを知りました。

 

小さい頃から親に本を読めと言われ続けてたんですが、いまやっとなんでそれが大事なのかに気付けたところです。(笑)

 

大人になると、自己肯定感がより大事になってきたり、何か自分をささえる言葉っていうのを求めるようになるんだと思います。

 

 

私は子供の時、自分が思うに周りの目をめちゃくちゃ気にしていた子だったと思いますす。だから、自分の意見をもってなかったり、(日本人に多いと思いますが、アメリカ人と話してみると意見を若い時からしっかり持っている子が多い)周りに流されがちでした。意見を持つことによって視野が狭くなるんじゃないかなって考えの時もありました。

周りの子が大好きで自分の意見を言うことによって誰かが嫌な気分になるのが嫌だったんだと思います。

でもそれって今考えるとなんか違うなって思います。自分の意見をもってこそ、そこからほかの人と意見を交換し合ったりして視野がひろがっていくんじゃないかなーいうのが私の考え。

周りにあわせるな。といっているんじゃなくて、周りと自分のいい距離のバランスをとるのが大事なんだと思います。

 

自分の意見っていうのは成長するにつれて変わるものだし、更新されていくものなんですね。

 

自分はほんとに、高校3年生の時、アメリカの大学に進学することを決断出来てよかったと思います。周りがしていることと違う分、やっぱり苦労が多くなりますが、自分で全部決めたことなので楽しいし苦にならないです。

 

あの時の自分に感謝!

 

なんかよくわからない記事になっちゃいましたが、これからも進んで本や映画を見て自分の視野を広げようと思います

 

 

では!!!!!!:)